指先の冷え対策に必見!雪山で使えるおすすめグローブ紹介

皆さんこんちは。
最近は桜の開花が各地で報告され、待ちに待った春本番の気候がやってきましたね。
一方で、2000m以上の高山でも融雪が進み、雪山シーズンも終盤に差し掛かっています。かくして雪山に登りたくて登山を始めた私は寂しい気もする一方、次の季節で見れるであろう別の景観への期待と物悲しい気持ちが混在する今日この頃。

今季、初の雪山デビューとなった私ですが、様々な経験を積むことができました。
実績としては以下です。
2023年11月:燕岳
2023年12月:硫黄岳(2回内1回は撤退)、焼岳
2024年1月:荒島岳大日ヶ岳(撤退)
2024年2月:麦草岳、十石山
2024年3月:硫黄岳、上高地天狗岳

累計歩行距離:113.9km
累計標高差:10,980m

まあまあ登りましたね。
早くも冬用靴下を1足履き潰し、冬靴もイイ感じに馴染んできました。
各山行の詳細はYAMAPに掲載してますので、良ければ参考下さい。

yamap.com

これら山行の中で良かった点、悪かった点、色々ある訳ですが、今回は恐らく誰もが通るであろう指先の冷えの悩みについて書こうと思います。
まず、雪山登山では指先の冷えは深刻な問題となります。
登頂の成否にも関わりますし、万が一、凍傷等で指を失うことになれば山を降りて以降の社会生活にも影響を及ぼします。
私も様々なグローブを試しましたが、まだ完璧な解決策には至っていません。
そこで今回は、80~90点くらいの満足度を得られる最適なグローブの組み合わせをご紹介します。
1点注意点として、私の場合ミラーレス一眼を携帯して山に入ります。
ですので、グローブを嵌めたままカメラ操作が可能な前提でのグローブの組み合わせになりますので、その点ご留意ください。
カメラを操作しない場合の冷え対策としての最適解は恐らく別にあるんじゃないかなと思います。

グローブ一覧

さて、まずは今季試したグローブ一式を紹介します。

Lackner ヒマラヤングラブ M:2set
ISUKA ウェザーテック オーバーグローブ M:2set
AXESQUIN アクシーズクイン ウールインナーグローブ M
MAMMUT Shelter Glove: 10(L相当)
モンベル ウィンドストッパー ライトトレッキンググローブ
スポーツ用品店で購入した防水透湿性のグローブ
・ワークマンの化繊グローブ

手持ちのグローブ軍

ウール最強

まず結論から述べると、ウールが最強です。
ウール製のインナーグローブは暖かさを保持し、冷えを防いでくれます。
特に厳しい自然環境に適応するために進化した動物の毛は、保温性に優れていますね。
ウールは繊維の中に空気層を含み、保温・断熱の機能を発揮することが理由のようです。
化学繊維には無いジンワリした暖かさを提供してくれます。
実際、インナーを上記のモンベルのウィンドストッパー & MAMMUT Shelter Gloveで硫黄岳に登った際の話し、風は通さないものの暖かさが皆無だっため軽い凍傷を負いました。山を降りた後も数日の間、指先がジンジンしました。
撤退した理由も指先の感覚が無くなったからです。あのまま特攻してたらと思うと恐ろしい。。。
それほど指先は大事です。
速乾性を重視してポリエステルを混ぜてるインナーグローブなんかもありますが、ぶっちゃけ雪山で手が濡れる機会はそうありません。
雪山では雨は降らず基本降るのは雪です。標高が高いと乾雪となり払えばすぐに落ちます。気温も氷点下ですので、グローブに付着して雪が溶けて濡れるといったことは今まで無いです。
また寒いので手汗もかきません(人によるかもですが)。
たまに転んだりして手に雪が付いてグローブが湿るとかありますけど、そもそもウールに撥水機能があるので濡れにくいです。
仮に湿ったとしても上記の通り、空気層を有しているためこれが断熱層として働き冷えにくいというのがウールの特長です。
実際使って、体感して、ウールの凄さを実感しました。
こんな感じで、雪山では手が濡れることは少ないため、速乾性よりも保温性を重視しましょう。
なので、ここは遠慮せず素直に100%ウール一択です、本当におススメします。
Lackner ヒマラヤングラブとAXESQUIN アクシーズクイン ウールインナーグローブは100%の生粋ウールです。潔くて素晴らしい。

ちなみに、このウールの保温性は日常生活にも応用できます。
雪山で使ってクタクタになったウールの靴下を家のフローリングで履いたところ、暖かいことといったら!ホントに驚きです。嘘だと思ったら是非試してください。

はい。
という訳で、指先の保温としてウールグローブの着用、これがまず私の基本スタイルです。
ただし、ウール単体では防風機能、防水機能がありませんので、このウールの上にオーバーグローブを組み合わせることで複合機能を発現させることになります。
指先もウェアのレイアリングの考え方と同じ原理ですね。
また私の場合、天候に応じて組み合わせを変えてます。

グローブの使い分け

天候や気温によってグローブの組み合わせを変えることが重要です。私は以下のような使い分けをしてます。

Case1:快晴&無風 or 弱風の場合
登山開始、樹林帯、稜線に出た以降の山頂から下山までAXESQUIN ウールインナーグローブ1つで通します。AXESQUIN ウールインナーグローブはペラッペラの薄手のインナーですが、驚きの保温性を有します。

AXESQUIN アクシーズクイン ウールインナーグローブでカップ麺@十石山

Case2:快晴&やや風強い or 強風の場合
樹林帯まではAXESQUIN ウールインナーグローブ、稜線に出てからはMAMMUT Shelter Gloveで防風対策。
MAMMUT Shelter Gloveは生地にGORE-TEX Windstopperを使っているため防風性能は優秀。強風下でもバッチリ風を遮り、ウールインナーで保温してくれます。
MAMMUT Shelter Gloveには防水機能はありませんが、乾雪が付く程度なら振り払えば落ちますので、濡れて困るといったことは今まで起きてません。

撮ってもらったからブレてるけど、AXESQUIN ウールインナー+MAMMUT Shelter Gloveの組み合わせ@焼岳山頂

ピッケル調整中、AXESQUIN ウールインナー+MAMMUT Shelter Gloveの組み合わせ@麦草岳山頂

Case3:降雪を伴う悪天候+強風
このような日は登山には出かけませんが、行ってみないと天気はわからないというのが雪山。
晴れの予報なのに実際は天気悪かった、なんてこともあります。
この場合は、AXESQUIN ウールインナーグローブ+Lackner ヒマラヤングラブ(保温)+ISUKA ウェザーテック オーバーグローブ(防風/防水/透湿)という組み合わせで挑みます。
ちなみに、ISUKA ウェザーテック オーバーグローブは防水シールが張られた完全防水仕様ではありませんが、心配要りません。
雪山で雨は降らないので少しの防水機能があれば十分です。どちらかというと透湿機能がメインですね。でないと腕から発する水蒸気でグローブ内が濡れてしまいます。
ラッセルする際は防水/透湿機能を持たせるために、AXESQUIN ウールインナーグローブの上に着用することもあります。

AXESQUIN ウールインナー+Lackner ヒマラヤングラブ+ISUKA ウェザーテックの完全防備

カメラの操作性

私の場合、ミラーレス一眼を携帯して山に入ります。
グローブを嵌めたままカメラ操作が可能なグローブ、またその組み合わせで最適解を選定しています。
なので基本的に指が動かせることが重要ですので、必然的に5本指仕様のグローブとなります。
MAMMUT Shelter Gloveは指の出し入れが可能なオーバーミトンです。
写真を撮る時だけ指を出して、それ以外はミトンを被るといった使い方ができるため、撮影にはもってこいです。
またISUKA ウェザーテック オーバーグローブはナイロン生地のペラッペラなグローブなので、このペラペラ感もカメラを操作する上で重宝します。
撮影以外にも、このペラペラ仕様は休憩する際にザックを下ろして中から物を取る、ウェアのジップを上げ下げするといった細かい動作性にも優れてます。
グローブを嵌めたままで細かい作業ができるというのは、個人的にはかなりのadvantageがあると実感します。
登山用品店に行きますと、保温力に特化した革製の分厚いゴアゴアしたグローブとかもありますけど、あれでは細かい作業は無理だと思います。
雪山でいちいちグローブを外したり付けたりの動作は非常に億劫でストレスフルです。

AXESQUIN ウールインナー+MAMMUT Shelter Glove。実際のところ、この組み合わせが最も使用頻度が高い

寒かったらミトンを被せればOK。シャッターボタンを押すために人差し指だけ出すことも可能。

サイズ選定

インナーグローブのサイズに対し、オーバーグローブは若干大きめのものを選んでください。
MAMMUT Shelter Gloveは単体で使われることを前提に作られてますので、オーバーグローブとして使う際は大きめのサイズを選ぶ必要があります。
私は素手のサイズがM相当ですので、この場合MAMMUT Shelter GloveはEU10(Lサイズ)がジャストでした。
一方、ISUKA ウェザーテック オーバーグローブはレイヤリングして使うこと前提で作られてますので、インナーグローブがMならオーバーグローブもMでちょうどいいです。
この辺のサイズ感は個人差もありますので、実際の店頭で試着し確認してください。
よくわからなかったら、少し大きめかな?くらいのサイズを選びましょう。ウールは濡れると縮む性質があります。試着の時点でちょっとキツイかな?のサイズ感だったら1サイズ大きめを選んで下さい。実際雪山で使う際、キツイと血流が悪くなり手指の冷えに繋がります。
ちなみに、私はカメラの操作性を考えて敢えてジャスト or 気持ちキツめを選ぶようにしました。

必ず予備グローブの携帯を!

ここまで読まれた方で、Lackner ヒマラヤングラブとISUKA ウェザーテック オーバーグローブがなんで2setあるのか?と思った方もいるかと思います。
これは予備のグローブを一式常に携帯している為です。
雪山に行くとグローブを落としてそのまま強風に飛ばされ。。。なんて人を3回くらい目撃しました。
氷点下以下の気温でかつ、強風が吹きつける雪山において、指先の防寒装備を喪失することの恐ろしさは想像に難くありません。
もしロストした際の保険は必須です。ロストしたら即刻下山するしか選択肢は無くなります(無事下山できれば運が良い)。

恐らくグローブだけで4万円近く投資してますね。
でも私の指先は4万円以上の価値があるので、ヨシとしましょう。

ここで紹介した情報が皆さんの冬山登山に役立つことを願っています。

それではご安全に!!

 

 

 

ブログのランキングに参加してます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

【辛い雪山登山に挑む理由】1年目晩冬の今、改めて振り返る

世界で一番旨いパーフェクトチキラーを食べる瞬間 @ 燕岳


みなさんこんにちは。
2024年もはや2ヶ月が過ぎ、季節は確実に春に向かっていることを実感する日も多くなってきました。
今季から始めた雪山登山もそろそろシーズン終盤。
振り返ると、北アルプスでは燕岳、焼岳、中央アルプスでは八ヶ岳(硫黄岳)、麦草岳、北陸は荒島岳、凄まじいラッセルにより撤退した大日ヶ岳、と経験を積むことができました。

そしてたった1シーズンですが、各山行それぞれでドラマが盛沢山でした。
もちろん超絶絶景を見ることを目指していく訳なんですが、それ以外にも登山者同士の出会い、悪天候による撤退、ラッセルで力尽き登頂を断念した苦渋、マイナス十数度下での予期せぬ腹痛(これが一番やばかった)、
とまあ、濃ゆい思い出が色々あったなあと。

今回は、雪山1年目を終えようとする晩冬の今、辛い雪山登山に挑む理由について改めて振り返ってみる、という自問自答の回です。

登山なんてただの暇つぶしの趣味でしょ?
なんて思う方もいるかもしれません。
半分正解で半分不正解ですww
なぜなら、雪山登山は装備が非常に高価です。一式揃えると40~50万円は軽く飛びます。
また冬季の山道は険しく、車で登山口にたどり着くことすらハードルが高いです。
なのでコスパはどちらかというと悪い趣味の部類に属しますね。

なのにも関わらず、なぜ、わざわざ雪山に挑戦するのか?
山に登ることの憧れ、山頂を目指すワクワク感、ってのが一番ではありますが、それ以外の動機も大いにもありそうです。

そこで、これまでに経験してきた内容を踏まえ、自分なりに思う雪山の魅力について言語化していきます。

  • 辛い急登の先に、どんな景色が待っているのか、という心の昂ぶり
  • 普段決して味わうことのできないマイナス20℃に及ぶ異世界の非日常
  • 知らない者同士が即席でラッセル隊を組み、登頂という1つの目標に向かう一体感
  • 絶対的な力を持つ自然に対する自身の能力確認、自己認知
  • 困難な挑戦を達成したときに味わえる充足感、得られる経験値、自身の成長
  • 山で食べる特別な食事(カップ麺とコーラの旨いことと言ったら!)
  • 下山後の温泉

こんなところでしょうか?
雪山登山の魅力は多様に富んでますね。

そして、一番は山行を通して得られる新たな気付き、かと私は考えてます。
きっと雪山をやってなかったら上記魅力にすら気付くことはなかったでしょう。

今年は雪山のテント泊に向け、まずは夏登山で経験を積むつもりです。
雪山の新しい魅力がまだまだ隠れてるかと思うと、今から胸が高まります。


それではご安全に!!

 

 

 

ブログのランキングに参加してます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

OMSYSTEM OM-5 突然のトラブル発生。無償で新品に交換してもらったお話し

旅のお供の相棒 OMSYSTEM OM-5 M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PRO


皆さんこんにちは。
最近は年末の暖かさが嘘だったような寒い日が続き、遅くなりましたがようやく冬本番といった様子になりつつありますね。
私の住む岐阜県も1日中暖房が欠かせない底冷えする日が増えてきました。
皆さん、元気に雪活してますか?

さて、今回ですが昨年の夏頃、登山に導入した新兵器、OMSYSTEM OM-5 の話しをしようと思います。
結構お値段張りましたよ。。。(諸々15万くらい)
山登るのにカメラまで買っちゃって一体どんだけ沼なんでしょうね、山なのに。

というボヤキはさておき、このOM-5ですが実は新品で購入した後、3週間程で登山の撮影中に不具合が発生。その後無償で新品に交換してもらうという事態に発展しました。
結局、メーカー側も理由がわからず、ネットで調べても情報が出てこないというあまり釈然としない訳ではありますが、交換に至ったまでの経緯についてお話ししようと思います。

不具合発生の発端
実際起きた現象としては、カメラのシステムは起動するものの、モニター画面およびファインダーに被写体が写らず、ブラックアウトしてしまうというものです。
その状態だとシャッターを切るも撮影もできず。。。
というトラブルでした。
実際、これ御嶽山に登ってる最中に起きました。

ピークを踏まない御嶽山▲@田ノ原登山口 2023/9/29 (Fri) / やまんばさんの活動データ | YAMAP / ヤマップ

それまで普通に使えてたカメラが何の前触れもなく突如としてブラックアウトしてしまったので焦りましたよ。プチパニックです(;・∀・)
現地でやった対応としては、電源のON/OFF、バッテリーの抜き差しなどを繰り返した訳ですが、その後もカメラ機能は復活せず、天候も晴天で雨等によるものとも考えにくく(そもそもOM-5はIP53対応の防水防滴仕様だし)ただただ重い塊をぶら下げて下山したという、苦い経験をさせていただきました。

その後OM-5は一旦入院
帰宅後も電源ON/OFFしたり、バッテリーを充電/交換したりしても復調せず。これはもう手に負えないなあと判断し購入元のカメラのキタムラに持ち込むことにしました。
最初は原因調査と修理依頼ということで入院させたのですが、その後メーカーでの調査でも原因はわからず、購入してから間もないということもあり結局新品に交換いただくということになりました。Ahh良かった。

新しいOM-5との再出発
その後は同じようなトラブルは今のところ発生しておらず雪山でも快調に使えてます。
あれは一体なんだったんでしょうね。
ある程度使用したところで今後OM-5のレビューや、数あるミラーレス一眼レフの中からなぜOM-5にしたのかの理由について書いていこうと思います。

 

 

 

ブログのランキングに参加してます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

派手さが別格 北アルプスはアイドルで例えると乃木坂46 焼岳南峰 ▲ 2023/12/26(Tue)

皆さん、こんにちは。
2023年のラストを飾るべく、私は北アルプスに足を踏み入れました。

その名も、「冬季限定」焼岳南峰。

北アルプスの魅力はまさに別格でした。
登山道までの雪道も険しく、登山自体も厳しいものでしたが、その先に広がる絶景は格別。他の山とは一線を画す派手な美しさに魅了されます。

北アルプス、それはまさにアイドルグループの中でも特別な存在ではないでしょうか。例えるなら、北アルプスはアイドルの中で言えば乃木坂46?。
なぜかはわからないですが、北アルプスって特別ですよね。

北アルプスの登山は決して簡単ではありませんが、その厳しさと寒さを超越する美しさ。きっとこれはアイドルのステージに魅了されるような感覚(妄想ですが)ではないかと思います。アイドルにハマる人の気持ちがわかった気がします。

そしてアイドルグループのように、北アルプスの山々もそれぞれが個性的で魅力的。
冬季限定の焼岳南峰は、まさにその中でも特に注目のメンバーのような存在ですね。

ラスボス感漂う厳冬期 槍ヶ岳、いつの日か挑戦する日は来るのでしょうか。。

人を拒む槍ヶ岳

さて、続いては安全面の観点です。
そもそも冬季焼岳ですが、なぜ夏山の北峰がメジャーではなく南峰なのでしょうか?
理由はこの凶悪なカール(カールとは昔氷河が移動する際に山肌を削った跡地)。
そう雪崩の危険性があるからに他なりません。
北峰に向かう夏道はこのカールを横断する必要があります。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
カールに積もった雪による雪崩のリスクが高い、という点が考えれる訳です。

北峰に向かうまでのカール、北東方向

焼岳に至っては登頂部までの傾斜が急な上、雪崩を抑制する中高木の植生も皆無であることから、国交省が解説する雪崩が発生しやすい状態によく当てはまります。
特に雪が降りしきる厳冬期においてはまだ降った雪が締まっておらず、密度の低い降雪が表層雪崩を引き起こすリスクが考えられます。


また南峰においてもゼロリスクということはありません。
南峰に向かうにはカールの際(尾根状になったところ)を登る訳ですが、北西方向から風が吹き下ろされるためにカール右側は雪庇ができます。あまり右側に逸れると雪庇を踏み抜いてカールの雪渓に転落する恐れもありますので、注意が必要です。
それではご安全に。

YAMAP↓

焼岳(南峰)@中の湯 2023/12/26 (Tue) / やまんばさんの活動データ | YAMAP / ヤマップ

以下、参考情報

装備

ウェア:

ドライレイヤー Mont-bell(モンベル) ジオライン L.W. Tシャツ
        Mont-bell(モンベル) ジオライン クールメッシュ トランクス
ベースレイヤー Mont-bell(モンベル) スーパーメリノウール m.w. ラウンドネック
ミドルレイヤー Mont-bell(モンベル) シャミースジャケット
ソフトシェル  MAMMUT(マムート) Ultimate VII SO Hooded Jacket AF
ハードシェル  MAMMUT (マムート) Nordwand Pro HS Hooded Jacket Men
ダウン     MAMMUT(マムート) Albula IN Hybrid Jacket Men

インナーパンツ:Mont-bell(モンベル) スーパーメリノウール M.W. タイツ
アウターパンツ:MILLET トリロジーアドバンスコーデュラパンツ

靴:      La Sportiva NEPAL CUBE GTX
靴下:     Mont-bell(モンベル) メリノウール アルパイン ハイソックス

グローブ:   AXESQUIN ウールインナーグローブ
        MAMMUT(マムート) Shelter Glove

帽子:     ワークマン (600円くらい)
バラクラバ:  スポーツ用品店のやつ (1300円くらい)
ゴーグル:   Amazon(3000円)

アイゼン:   Grivel(グリベル) G12・Jマチック
チェンスパ:  Mont-bell(モンベル) チェーンスパイク

ピッケル:   Grivel(グリベル) AIR TECH EVOLUTION 58cm

バックパック: MAMMUT(マムート) Trion Nordwand 38

 

 

ブログのランキングに参加してます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

念願叶った雪山 燕岳▲ 2023/11/23(Thu)

皆さん、こんにちは。
登山の沼にどっぷりハマっているやまんばです。

数か月前、私は雪山の魅力に引き寄せられ、登山の世界に足を踏み入れました。
そして私にとって、とうとうこの日が(´;ω;`)

振り返れば、2023年6月に初めて訪れた上高地
心を揺さぶられました。
ここまで素晴らしい場所が存在するのかと。
自分でもここまで心を震わせる経験は人生で2度目、子供が生まれて以来でした。
あの時感じた感情、今でもよく覚えています。

上高地から見上げた冠雪を纏う荘厳な穂高連峰
登りたい、登ってみたい。そこからどんな景色が見えるのか。
そこから見える景色に胸が躍ります。
果たして、そこに立った時、私は何を思い、何を感じるのか。

焼岳の登山をきっかけに、私の山への興味は確信へと変わりました。
そして、初めて足を踏み入れた雪山。
想像を超える圧倒的な美しさがそこにはありました。

「大げさだな」と思うかもしれません。
そんな方にはぜひこの景色を見ていただきたい。
ちなみに、編集ソフトは使っておらず撮って出しの画像です。
いかに優秀な被写体であることがお分かりいただけると思います。

望む槍ヶ岳

下山時の一瞬


詳しくはYAMAPで。

燕岳▲@中房 2023/11/23 (Thu) / やまんばさんの活動データ | YAMAP / ヤマップ

もう当面、こちらの世界から戻れる気がしないです。。。
(今年いったいどれくらい散財しただろう)

山、それは我々が慣れ親しんだ便利な都会の中にはない、超越的な領域です。日常生活では忘れがちな自然の美しさや迫力、山々が描く壮大な風景。
それはまさに心のリセットボタンを押すようなもので、私たちに新たな視点を提供してくれます。高層ビルやテクノロジーの進歩に埋もれがちな本質的な美しさが、山には凝縮されているのです。

また、登山で得られる体験は、物理的な挑戦だけでなく、心の冒険でもあります。
清涼な風が頬をなで、樹木が奏でる静寂の音楽、そして登り詰めた先で広がる壮大な眺望。これらはとても言葉では表現しきれない感動を生み出します。

そして、そこでの経験と成長は、単なるアウトドア活動を超えて、次なるステージへの扉を開けてくれることになります。困難に立ち向かう中での洞察と自己発見をもたらし、その影響は日常生活にも深く及びます。
いえ違います。ただのドMです。

この体験は、決して一時的なものではなく、私の人生に深く刻まれるものになる、そう思えた山行でした。

山の魅力は、文字や写真では伝えきることはできません。
それは、実際肌でないと感じられない充実感や達成感、自然との一体感。
これらが私たちを山に引き寄せ、心の奥底で何かが変わる瞬間を提供してくれる、山とはそんな存在なんだと私は思います。

それでは次の挑戦に向け、皆さんもどうかご安全に。

 

以下、参考情報

 

装備

ウェア:

ドライレイヤー Mont-bell(モンベル) ジオライン L.W. Tシャツ

                             Mont-bell(モンベル) ジオライン クールメッシュ トランクス

ベースレイヤー Mont-bell(モンベル) スーパーメリノウール m.w. ラウンドネック

ミドルレイヤー Mont-bell(モンベル) シャミースジャケット

ソフトシェル  MAMMUT(マムート) Ultimate VII SO Hooded Jacket AF

ダウン     MAMMUT(マムート) Albula IN Hybrid Jacket Men

 

パンツ:    MAMMUT(マムート) Yadkin SO Pants AF Men

 

靴:      Mont-bell(モンベル) アルパインクルーザー 1000

靴下:     Mont-bell(モンベル) メリノウール トレッキング 5トゥソックス

 

手袋:     ワークマン (300円くらいのやつ)

帽子:     ワークマン (600円くらいのやつ)

 

アイゼン:   Grivel(グリベル) G12・Jマチック

チェンスパ:  Mont-bell(モンベル) チェーンスパイク

 

バックパック: MAMMUT(マムート) リチウム 30

 

バーナー:   PRIMUS(プリムス) P-153 ウルトラバーナー   

コッヘル:   PRIMUS (プリムス) ライテックトレックケトル&パン

 

昼食:     チキンラーメン+乾燥わかめ

 

 

 

ブログのランキングに参加してます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村